ご案内

15年戦争と日本の医学医療研究会( 26回)

日 時 20093月20日(金)11:00 17:00

会 場 京大会館 2階会議室(211号室)下図参照

会 費 1000

記念講演T11:00-12:30

ナチ時代の医師の犯罪と医師たちの戦後

     山本啓一 山本医学鑑定研究所、龍谷大学非常勤講師)

講師プロフィール

1939年大阪府泉大津市生まれ。1965年京都大学医学部卒業。インターン終了後、1966年4月京都大学医学部法医学教室助手、2003年4月京都大学定年退職。

2003年7月山本医学鑑定研究所開設。専攻法医学(中毒学、酸素欠乏に関する分野、ごく狭い範囲のドイツ医事法学、法医病理学)。

訳本、世界の医事法(分担)、未発覚殺人、恐ろしい医師たち。趣味、推理小説読書、ラグビー観戦、ボクシング観戦。

 

昼食休憩

 

会務総会(第10回)

13:30-14:20

 

 

記念講演U14:30-16:30

京大病理学教室史から見た731部隊の背景」           

杉山武敏 (元京大教授:病理学)

講師プロフィール

1957年京都大学医学部卒業。インターン終了後、病理学教室にて岡本耕造教授の下で研究を開始。1964年からシカゴ大学ベンメイ癌研究所に留学、1966年愛知県がんセンター研究所の実験病理部研究室長を経て、1968年より再度米国に渡りシカゴ大学准教授。]1971年より神戸大学病理学第二講座教授として18年、1989年京都大学教授として病理学第二講座に帰任し1995年に定年退官。その後、滋賀県立成人病センター総長、滋賀県立成人病研究所所長を歴任して2002年退官。1995年神戸大学名誉教授。

 

一般演題16:30-17:00)

調整中:「鼠とノミとペスト菌」(陸軍軍医学校防疫研究報告2部から)莇 昭三
 京大会館の地図