1515年戦争と日本の医学医療研究会
6回会務総会(定例)
プログラム

日 時    2005327日(日)11:0017:00
会 場    近畿高等看護専門学校           

11:00 開会の辞

11:0512:40
記念講演  「日本近現代史の教訓と憲法九条」
講師 岩井忠熊 立命館大学名誉教授
1922年熊本市生まれ、主著:明治国家主義思想史(青木書店、1972)、天皇制と文化論(文理閣、1987)、天皇制と歴史学(かもがわ出版、1990)、明治天皇─「大帝」伝説(三省堂、1997)、大陸侵略は避け難い道だったのか (かもがわ出版、1997)、近代天皇制のイデオロギー(新日本出版社、1998)、特攻 自殺兵器となった学徒兵兄弟の証言新日本出版社、2002)、西園寺公望(岩波書店、2003)、戦争をはさんだ年輪 一歴史研究者のあゆみ(部落問題研究所、2003)、陸軍・秘密情報機関の男(新日本出版社、2005

12:4013:30 昼休み

13:30〜14:15 第6回会務総会(定例)

14:2016:00
講演1   満洲医科大学の歴史         
末永恵子(福島県立医科大学)
 

16:1017:00
講演2 15年戦争と日本民族衛生学会(三)
日本民族衛生学会の課題と機関誌名をめぐる戦後の論争 
莇 昭三城北病院